• 中央大学 理工学部 人間総合理工学科 生命健康科学研究室
  • INTRODUCTION

    研究室概要

    生命健康科学研究室

    Life and Health Science Lab.

    生命健康科学研究室へようこそ。生命健康科学研究室では人の命を軸として多岐にわたる研究を行っています。皆さんが楽しく安全に遊べるように事故を察知し素早く救助救命につながるシステムの構築や助けを求めている人を目の前にした際に積極的に手当てを行えるような教育システムの構築、安全をサポートするデバイスの開発などを行っています。また最近ではウェルビーイングの促進のためのフィールド開発や教育の実践にも力を入れています。

  • LAB LIFE

    研究室 風景

    下記画像をクリックすると記事が読めます。ぜひ御覧ください。
  • PI

    プロフィール

    小峯 力

    Tsutomu KOMINE

    横浜生まれ。1987年、オーストラリアにてライフセービング・イグザミナー(検定官)資格を取得し、日本初のライフセービング指導者認定を受ける。日本ライフセービング協会理事長、国際ライフセービング連盟(ILS)委員、日本海洋人間学会副会長、海上保安庁アドバイザー等を歴任。流通経済大学社会学部助教授、流通経済大学スポーツ健康科学部教授、同大学院スポーツ健康科学研究科(救急教育学)教授を経て、現在、中央大学教授 博士(救急救命学)。著書に「LIFESAVIG AND SOCIAL WELFARE」(学文社)、「ライフセービング 歴史と教育」(学文社)、「心肺蘇生法教本」(大修館書店)、「サーフ・ライフセービング教本」(大修館書店)等がある。

  • TEAM

    研究メンバー

    教員

    石川 仁憲

    Toshinori Ishikawa

    機構教授

    匂坂 量

    Ryo Sagisaka

    助教

    島田 良

    Ryo Shimada

    D1 Graduate Student

    三代 覚

    Satoru Mishiro

    M2 Graduate Student

    佐治 恭眞

    Yasuma Saji

    M2 Graduate Student

    田村 昌也

    Masaya Tamura

    M2 Graduate Student

    戸口 陽生

    Haruki Toguchi

    M1 Graduate Student

    梅津 匠

    Takumi Umetsu

    M1 Graduate Student

    齋田 陸也

    Rikuya Saida

    M1 Graduate Student

    洲村 建都

    Kento Sumura

    M1 Graduate Student

     

    井上 夢心

    Yumemi Inoue

    B4 Undergraduate Student

    奥村 美音

    Mion Okumura

    B4 Undergraduate Student

    吉田 司

    Tsukasa Yoshida

    B4 Undergraduate Student

    及川 詩音

    Shion Oikawa

    B4 Undergraduate Student

    宮崎 太陽

    Taiyoh Miyazaki

    B4 Undergraduate Student

    山下 浩輝

    Koki Yamashita

    B4 Undergraduate Student

    山門 健二

    Kenji Yamakado

    B4 Undergraduate Student

    庄田 理人

    Rihito Shoda

    B4 Undergraduate Student

    松崎 寿々乃

    Suzuno Matsuzaki

    B4 Undergraduate Student

    森田 雄大

    Yudai Morita

    B4 Undergraduate Student

    大井 歩夢

    Ayumu Oi

    B4 Undergraduate Student

    飯島 志穂

    Shiho Iijima

    B4 Undergraduate Student

    堀田 愛月

    Azuki Hotta

    B4 Undergraduate Student

    用 悠人

    Yuto Mochii

    B4 Undergraduate Student

    卒業生・修了生

    ALUMNI

    研究室OBOG

  • 研究テーマ

    RESERCH AREA

    安心安全な海辺空間を創出する

    WATER SAFETY

    海辺の溺水事故は毎年1,000~3,000件起きており、その主要因は離岸流や風などの自然要因です。溺水の場合、ライフセーバーの適切な処置と医療機関の有機的な連携による早期対応が、溺者の社会復帰に強く関わり、同様に病院外心停止等の傷病の場合もバイスタンダーによる早期の適切な処置と医療機関の有機的な連携が傷病者の社会復帰に強く関わります。しかし、実際の溺者、傷病者の救命率(社会復帰率)をふまえると、わが国では溺水の予防や救助、病院前救急医療に対して多くの課題を抱えています。
     小峯研究室では、溺水防止や救助救命、病院前救急医療に関する様々な課題に対して、IoTやAIなどの最先端技術を用いた科学的なアプローチにより解決策を検討し、新たな技術開発を進めています。具体的には、海岸にカメラを取り付けて沖に向かって 流れる危険な流れである 離岸流を自動的に検知する ai モデルを作りました。またそれを実際に現地に適用してモニターやスマートフォンアプリを使って利用者やライフセーバーにその情報を伝えて事故防止早期救助救命につなげるシステムを作っています。

    積極的に救命を行える

    文化を醸成する

    EMERGENCY MEDICINE

    日本において、2019年に一般市民により目撃された心停止傷病者は2万5,560人に及びます。しかし、その中でも心肺蘇生法が実施された傷病者は57.9%だけです。残りの42.1%の人は一般市民による目撃されたにも関わらず、心肺蘇生法が実施されなかったという実態があります。このように倒れている人を目撃した際に、咄嗟に行動を起こすことは容易なことではありません。私たちは手当が必要な人を目の前にしたときに、容易に手を差し伸べることのできるような文化を醸成することを目的に研究を行っています。小峯研究室は、人の「行動」に焦点をあて、人が無意識の時にどのような救助行動をとるのかについての分析や行動を起こしやすくするための心肺蘇生法補助デバイスの開発などを行っています。

     119番通報を行った際に、電話越しの消防官が通報者に質問を行い、心停止の判断を行い、適切な心心肺蘇生法を口頭で指導するシステムが全国で導入させています。しかし、通報者が適格に倒れている人の状況を消防官に伝えることが難しいことが分かっています。そこで小峯研究しつでは、通報者の自然的発話の中から心停止を判断できる特徴的な文言がないのかの分析を行っています。

     一般市民が倒れている人を目撃した際に心肺蘇生法の実施を躊躇する要因の一つとして心肺蘇生法に対する技術的な不安があります。このような一般市民にとっての技術的な不安を払拭するため小峯研究室では、一般市民が胸骨圧迫をする際に圧迫位置を正確に見つけ出せるようなAIを用いた心肺蘇生法補助デバイスを作成しています2)。このデバイスを用いることで、圧迫位置を短時間に、かつ正確に見つけ出すことが可能になり、より多くの救命が期待できます。

     他にも小峯研究室では、一般市民が心肺蘇生法を実施した際のストレスに関しての研究も行っています。街中や自宅などで突然倒れてしまうような心停止者に対して、一般市民が行う救助活動は心的負担がかかります。事前に自分のストレス耐性を知ることや予防することを目的として研究を行っています。その問題を解決するために私たちが現在行っているのは、VRを用いた研究です。VRは臨場感のある状況を作り出すことができ、体験が可能です。その技術を応用して、現実では体験できないような実際の救急の現場を作り出し、実験と測定を行っています。

    健康と幸福が持続する

    社会を形成する

    HEALTH AND WELL-BEING

    人々が個々に健康であり、幸福である。そんな社会を形成することを目的に研究を行ってます。
    多くの人たちは、幸福でありたい。健康でありたい。と願っているはずです。しかし、健康のためには運動をすべきであると思いつつも実行できない人が多くいます。そこには、何が障壁になるのでしょうか?私たちは、「未病」をキーワードに人々が意識しなくても健康であり続け、「未病」られるような、そんなフィールド開発に着手し始めました。

  • COLLABORATORS

    主な共同研究

    企業・機関

    水辺の事故ゼロの実現

    公益財団法人
    日本ライフセービング協会

    ハートセーフシティ構想の推進

    株式会社フィリップス・ジャパン

    心臓突然死からの社会復帰率、世界一の町づくり、施設づくりを目指して。

    ウェルビーイングの実践

    株式会社 BEACH TOWN

    人のいのち、社会のいのち、地球のいのちを守る。

    田中 秀治 研究室

    国士舘大学大学院

    救急システム研究科

    SDGsのモノづくり

    株式会社アトリエデフ

    SDGs 革命を日本の第一次産

  • LEARNING

    @ UELAB

    目指す人材

    誰かのライフセーバーになろう

    Be someone's lifesaver

    私は、1987年にオーストラリアで日本初のライフセービング指導者認定を受け、日本にライフセービングを普及させてきました。
    オーストラリアに渡った私は『溺れた人を助けるんだ!』という使命感に燃えていました。ところが、現地では、そんな僕の価値観をガラリと変えられる経験の連続でした。
    荒れ狂う海でのレスキュー訓練において、私は高波にもまれて必死にもがきました。そして、指導者に救助された後に、「苦しかったか?」と聞かれました。そして、「溺水者の苦しみは、その先にある。溺者の苦しみを生まないために、自分に何ができるの考えろ」と言われました。
    その答えは、シドニーのライフセービング協会に貼ってあった1枚のポスターにありました。そこには、監視所のデスクに座り、マイクを握っている車椅子のライフセーバーの姿が写っていました。
    彼は自力で救助はできないかもしれません。しかし、天気図を読み解き、海のコンディションを知り尽くしている。大きなうねりが沖で発生すれば、波がビーチにたどり着く時間を逆算して、海水浴客を岸に上がらせる。自力では助けられずとも、数千人もの生命を救うことができる。レスキューせずして、本当の意味でのレスキューを実現している。これこそライフセービングだと気が付きました。
    ライフセービングの精神は一人ひとりの自立を促すとともに、相互に助け合える社会をつくります。私たちも誰かを助けるために、行動できることがあるはず。その行動は強く生きる力となって自分自身に戻ってくるはずです。それこそが、生命健康科学研究室の精神であり、目指す社会づくりです。

  • ALMNI

    卒業生の就職先、卒論テーマ

    就職先

    Where to work

    JAL
    NHK
    NEC
    NTTデータ

    IBM

    野村総合研究所(NRI)
    三菱電機
    三井住友海上火災保険
    東京海上日動火災保険株式会社
    三井住友銀行
    みずほフィナンシャルグループ
    日立製作所
    大塚製薬
    東京消防庁
    リアライブ
    リノベル
    デロイトトーマツコンサルティング
    EPクルーズ、フューチャーアーキテクト
    高砂熱学工業
    シーカンパニー
    ワタベウェディング
    IMJ
    I-NE
    八千代銀行
    岡三証券
    リコージャパン
    デジタルトランスコミュニケーションズ
    NTTデータアイ
    警視庁
    星野リゾート
    住友商事グローバルメタルズ
    セブンイレブンジャパン
    リクルートコミュニケーションズ
    ゆうちょ銀行
    三菱地所ハウスネット
    中央大学職員
    日本通運株式会社
    横浜高校教員
    東京都職員
    川崎市職員
    進学(大学院理工学研究科)
    進学(東京学芸大学大学院)

    卒論テーマ

    Graduation thesis

    下記画像をクリック

  • CONTACT US

    研究室の活動全般共同研究・技術開発・実証実験進路や人材出版・展覧会・イベントなど 

    お気軽にご連絡下さい​  〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27 2号館 2911号室